NEWS

iU 教員による書籍、論文など、続々登場

情報経営イノベーション専門職大学(東京都墨田区、学長 中村伊知哉。以下、iU http://www.i-u.ac.jp)は、現在28名の専任教員に加え、230名以上の客員教員を有し、各教員はその研究成果を、今後活発に書籍、論文などで公表していく予定です。最新刊等、いくつかをご紹介いたします。

 

専任教員 書籍 ※発売日順

『マーケティング視点のDX』
著者:江端 浩人
出版社:株式会社日経BP
価格:1760円
発売日:2020年10月19日

今までのDX=単純なデジタル化という図式を脱し、成功するDXはデジタル化を担うIT部門と、顧客視点を導入するマーケターの協力が不可欠であることを、国内外の事例で検証。

江端 浩人(えばた・ひろと)
iU 情報経営イノベーション専門職大学 教授
米ニューヨーク・マンハッタン生まれ。米スタンフォード大学経営大学院修了、経営学修士(MBA)取得。伊藤忠商事の宇宙・情報部門、日本コカ・コーラでiマーケティングバイスプレジデント、日本マイクロソフト業務執行役員セントラルマーケティング本部長などを経て現職。メンバー7,000名超の次世代マーケティングプラットフォーム研究会主宰。
 




『世界一わかりやすいDX入門 GAFAな働き方を普通の日本の会社でやってみた』
著者:各務 茂雄
出版社:東洋経済新報社
価格:1760円
発売日:2020年10月30日 

ベンチャーから大手まで、外資系IT企業への勤務経験豊富な著者が語る、デジタルトランスフォーメーションで組織のスピードを上げる方法論。withコロナ時代の働き方、キャリア、組織論も提示する。

各務 茂雄(かがみ・しげお)
iU 情報経営イノベーション専門職大学 准教授
KADOKAWA Connected代表取締役社長。KADOKAWA執行役員 DX戦略アーキテクト局長、ドワンゴ本部長を兼務。2012年グロービス経営大学院修了。
 



 

専任教員 論文 ※発売日順

『マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2020)シンポジウム論文集』 
(2020年6月 各々pp444-448, pp859-865, pp1172-1177)

「ロボットを組み込んだソーシャルグラフの提案」 pp.444-448
太田智美 (慶大), 山内正人 (慶大/情報経営イノベーション専門職大), 加藤朗, 砂原秀樹 (慶大)
人間と非人間を区別しない1つの「entity」としてのショーシャルグラフを提案。entityの行為から関係性を表し、ヒトとモノが構築する新しい社会の可能性を検討。

「ライフログサービスを用いたパーソナルデータコントロールのプライバシー懸念・行動の考察」 pp.859-865
岡田光代 (慶大), 山内正人 (慶大/情報経営イノベーション専門職大), 野尻梢 (慶大/DSInnovation), 砂原秀樹 (慶大)
利用者が自身のパーソナルデータを利活用する一次利用シーンを想定し、利用者の意思でパーソナルデータの利用範囲を想定できるライフログアプリケーションを開発、実証実験を行った。

「美術初心者のための美術感想補助システム」 pp.1172-1177
大髙真由, 加藤朗 (慶大), 山内正人 (慶大/情報経営イノベーション専門職大), 砂原秀樹 (慶大)
美術鑑賞を楽しむことができる人は独自の着眼点を持っているのではないかという仮説のもと、それにはどのような要素が影響するかを調査。

山内 正人 (やまのうち・まさと)
iU 情報経営イノベーション専門職大学 講師
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学博士(メディアデザイン学)取得。独立行政法人情報通信研究機構特別研究員、慶應義塾大学メディアデザイン研究科特任講師を経て現職。専門はIoT、ビッグデータ、セキュリティ、デジタルコミュニケーション、実践的IT教育など。

 

本ニュースリリースはこちらからダウンロードできます。

資料ダウンロード PDF(1,08 MB)

本お知らせに関するお問い合わせは、下記より連絡をお願いいたします。

お問い合わせはこちら