4年間の学びの流れ
ACADEMIC

FLOW OF
LEARNING
4年間の学びの流れ

iU 情報経営イノベーション専門職大学は
「ICT」「ビジネス」「グローバルコミュニケーション」の学びを深める
カリキュラム構成となっています。

CHARACTERISTIC
CLASS

特徴的な授業

ICTを使いこなしてイノベーションを起こすために、各学年で目的を持って取り組みます。
基礎、応用、実践、そして実現と段階を踏みながら、4年間かけて自分自身のスキルを高めていきましょう。

  1. 1年次 基本的なビジネスやICTのスキルを身に着け、
    プロダクトやサービスの実装と事業化ができること。

    1年次
    イノベーションの志
    入学して初めて受ける講義の1つとして予定。本学の教育理念でもある「イノベーション」について、さまざまな事例の紹介や客員教員との対話を通じて理解を深めます。また、社会を変革するイノベーターとしてのスキルやマインドを持ち、自分自身のイノベーター像を作り上げてください。
    スタートアップ基礎(起業論)
    スタートアップとは、新たなビジネスモデルを開発し、市場を開発すること。単純に事業化するだけでなく、人々の生活や社会を変えるための起業とは何か、そのために必要なものは何か、理論や事例を通じて学びます。 グループワークを通じてスタートアップ手法を学習することで、多様な変化と価値観の中で、次は自分が起業家となってどんなことに挑戦できるのか、目標を定めます。
    マネジメント(経営学基礎)
    経営学における戦略論や組織論の観点から、イノベーションを(偶発ではなく)体系的に生み出す戦略(狙い)や組織・プロセス(進め方)の考え方の基礎を学習します。
    具体的には、経営論の構成要素を概観するとともに、戦略の策定や具体化に必要な理論やフレームワーク、将来予測、成長戦略など経営戦略に関する事項や、組織や個人のマネジメントに関する諸理論について、各回毎提示される事例の分析や課題の検証を通じ修得します。
    プログラミングⅠ
    近年幅広く使われているJavaを対象にして、オブジェクト指向プログラミングの理論をもとに、プログラミング言語によりソフトウェアをどのように作成するのかという基本と、問題を解決するためのアルゴリズムの概念と実装の基礎について理解していきます。具体的には変数の表示・計算、条件分岐、制御構造、配列、クラスなどを学習しながら、これらを用いた簡単なプログラムを記述できることを目標としています。
    ネットワーク技術
    社会システムの基盤として必要不可欠な情報通信技術の基礎から、サービスやセキュリティの知識を体系的に習得。また、ネットワークに関する最新動向を把握して説明できるようになることで、ICTを活かしたサービスやプロダクト作成を目指します。
    データ構造と処理法
    プログラムを作成する上で基本となるデータ構造と処理の基本的な流れ(アルゴリズム)について学習します。
    内容を解説するとともに、学修する項目毎に課題を設定し、実習形式で実際にデータ処理を行いながら学修します。
  2. 2年次 基本的なビジネスやICTのスキルを身に着け、
    プロダクトやサービスの実装と事業化ができること。

    2年次
    ビジネスフィールドリサーチ
    年間を通じて、連携企業から提示された事例に基づいて課題解決を提案し、企業とともに実装します。 経営において直面する課題や実際のサービス・製品など、取り組むテーマについて授業で学んだビジネススキルを駆使して調査や分析。同時に、その解決策や戦略を実際の企業担当者にプレゼンテーションし、評価していただきます。ビジネスやICTの理論とビジネス実務を結びつけ、企業や社会をより良くするために効果的な施策や行動を学びます。
    システム設計演習
    情報システムの構築や設計について理解するとともに、演習形式でその手法を学びます。私たちの生活では社会を動かす仕組みとして、システムは必要不可欠なものです。システム設計や構築、改善などを自ら行うだけでなく、指示できるようになることを目指します。
    問題形成と問題解決
    将来を見越したイノベーションを起こし、世界的な視野をもって決断し、俊敏に実行できるリーダー人材には、高度な問題の発見・解決能力は必須です。そのために、本授業では、世界の有力企業で実際に広く活用されている問題解決手法を学習していきます。
    情報セキュリティ演習Ⅰ
    ICT利用なしの世界が考えられない現在、万一企業において情報流失などの事件が発生した場合での金銭的な損失や企業イメージの低下など、計り知れない損害を被ることになります。SNS利用の際の注意点などを理解するところからスタートし、Webシステムを中心としたコンピュータシステムの各構成要素の概要と各構成要素において注意すべきセキュリティ事項について事例を交えながら学びます。
    ビジネス英語実習
    ビジネス英語実習では1年次から、フィールドワークやケーススタディ、プレインターンシップなどを辻て、英語でのビジネスコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルを習得。2年間のビジネス英語実習のゴールとして、 学生が制作したビジネスプランやサービス、プロダクトを英語で紹介するとともに、ネイティブスピーカーと対等にコミュニケーションできるようになることを目指します。
  3. 3年次 インターンシップを通じて、実際の企業で事業やサービスの新規立ち上げ、改善などができること。

    3年次
    インターンシップ
    2年次までに習得したビジネススキルやICTの知識をもとに、連携企業などで約2ヵ月半ずつ、計5ヵ月のインターンシップを実施。 前半の約2ヵ月半は、ICT分野でシステム開発や保守などを主に。後半の約2ヵ月半は、ビジネス分野で既存ビジネスの推進や改善、新規事業提案など主に行います。実際のビジネスの現場で、プロジェクトの推進をはじめ、事業の提案や実装を行うために必要なことは何か、体感することで、イノベーション人材として必要な素養を改めて実感します。
    地域創生とイノベーション
    墨田区をはじめ、地域創生に成功した全国の事例を学び、コミュニティの中でイノベーションを起こすために必要な知識やスキルを習得。実際に地域創生の現場で、ICTを用いて産業・観光・文化の振興やSNSなどの情報発信で活躍したゲスト講師と議論したり、学生自身や墨田区およびその近郊を題材として、地域の中のキーパーソンとともに地域の魅力を発見・発信したりしながら、ICTを活用した地域活性化を提案します。 実際に取り組むことで、地域創生とイノベーションとは何か、考える機会にもなります。
    ビッグデータ
    情報技術が発展したことで、今までのデータ管理ツールでは取り扱うことが困難だった行動や環境、社会現象などの大規模のデータ(ビッグデータ)の解析が可能となり、従来では発見できなかった知見を見い出し、新たな学問領域やビジネスを開拓できるようになりました。 授業では実例をもとに、ビッグデータの処理や解析に関する技術を習得するとともに、これらを活用して新しい知見を発見する力やビジネス提案ができる知見を養います。
    イノベーション特論
    ICT関連の技術分野を含む最新のイノベーションの潮流(たとえばスマート・ファクトリー、デジタル・オペレーション、など)や、経営分野で今後のイノベーションに関わる重要トピック(たとえばデジタル・トランスフォーメーション、アジャイル、など)などを学習します。
    ソフトウェアプロセスと品質
    ソフトウェア品質の概念とテスト技法、管理方法、および、ソフトウェアプロセスの概念とその改善手法を学びます。具体的には、ソフトウェアのもつ独特の性質、ソフトウェア開発のライフサイクルモデル、および、品質の概念についてソフトウェア工学、および、ソフトウェア開発の発展の歴史を通して学びを深めていきます。
    モデル化と要求事項
    ソフトウェア開発における開発対象のモデル化と要求仕様の作成についてUMLを通じて理解する。学習項目としては、モデル化の原則、モデルの種類、モデルの分析基礎、要求分析の基礎といった一連のモデル化技法と要求定義技法について学ぶ。
    グローバルビジネスと通訳
    グローバルな場面でリーダーシップを発揮していく中では、ビジネスや会議の内容をその場でまとめ、共有する場面や、相手の反応に応じて理解できるスキルやコミュニケーション力が求められます。このような場面でも通用するグローバルコミュニケーションの技法の1つとして、通訳を取り上げ、ビジネスの現場で多方面に展開できる通訳スキルとコミュニケーション力を修得します。
  4. 4年次 基本的なビジネスやICTのスキルを身に着け、プロダクトやサービスの実装と事業化ができること。

    4年次
    総合実践演習
    4年間の学修の集大成です。ビジネスプランや論文、サービス・プロダクトなどを「ICTを手段とし、ビジネスにイノベーションを起こす」アウトプットとして提示します。 アウトプットの形に決まりはありません。しかし、学んできた理論や実際のビジネスの現場で習得した経験や思いを形にして、自分なりのイノベーションを表現してください。
    新興市場における事業開発
    ビジネスのグローバル化を進める上で、海外市場を理解する視点や海外拠点・海外パートナーとの協働、市場への理解とマネジメントはとても重要です。 そこから、新興国に進出した事例やマネジメント手法を学び、実際に自らが新興国へ参入することを想定。 新たなビジネスプランや戦略の立案を通じて、新興市場での事業開発の考え方や手法を学びます。
    AI
    人工知能で良く用いられるニューラルネット(脳のモデル)の基本的特徴と理解し、産業応用するための実用化技術の取得、及び、応用力を養うことを目的としています。各応用分野で良く利用されるニューラルネットの構造や学習機能等の基本的特徴を理解すると共に、産業応用時の問題点、及び、これを解決するために欠かせない実用化技術の知識を修得します。

学部トップページに戻る